会社沿革

沿革

1950年 岡山県高梁市成羽町に農機具販売、修理会社として有限会社成羽農機商会を設立。
1963年 コンクリートブロック製造関連機械の製造を開始。
1966年 国内初の油圧下抜き式ブロックマシンの開発に成功。
1971年 社名を有限会社タイガーマシン製作所に呼称改称。現所在地に本社を移転。
1974年 株式会社タイガーマシン製作所に組織変更。
1978年 TGD型ブロックマシンで科学技術庁長官奨励賞を受賞。
1979年 米国BECO社からABC製品搬送養生システムを技術導入、国産化に着手。
1983年 インターロッキングブロックマシンを開発。
1986年 3分間自動型替装置付インターロッキングブロックマシン PS型を開発。
1988年 型替装置付建築用ブロックマシン新TGD型シリーズを開発。
1995年 フローティングテーブル式AF-3型高速スプリッターを開発。
1997年 可変振動機搭載の大型多品種コンクリート製品成形機PS-100V-300H型を開発。
1998年 米国シャーロットでの展示会に、PS-100V-300H型成形機を出展。
3分間自動型替装置が多品種生産に最適と、高い評価を得る。
1999年 中国上海での中国国際建設機械展に出展。
2002年 中国天津市津南区に虎牌機械(天津)有限公司を設立。工場を建設。
中国市場向けブロックマシンなどの製造販売を開始。
2005年 米国ミシガン州に、株式会社タイガーインターナショナルの販売事務所開設。
中南米市場の開拓を開始。メキシコ、コロンビアに大型ブロックプラントを納入。
2006年 株式会社チヨダマシナリーを設立。千代田技研工業(株)から全ての事業を買収。
2012年 中国北京市に北京美和大微商事有限公司を合弁で設立。
水浄化関連製品など、環境保全分野の製品販売を開始。
2012年 中国天津市西青区に虎牌創新機械(天津)有限公司を設立、工場建設に着手。
2013年 天津新工場完成(敷地:26,674.2㎡、建屋:11,476.31㎡)。
虎牌創新機械(天津)有限公司を現地資本との合弁会社にし、社名を虎牌美泰科機械(天津)有限公司に変更。
コンクリート製品製造設備と、フライアッシュリサイクル人工軽量骨材プラントや水浄化装置などの環境関連分野の機械設備の製造販売を開始。
2015年 子会社の株式会社チヨダマシナリー本社内にタイガーグループの中央研究所を設立。
機械設備や技術の開発支援、再生骨材使用のコンクリートの研究、混合や振動締め固め技術を活用した廃棄物処理とリサイクル技術開発、などの業務を行う。
2016年 中国事業を再編。
虎牌美泰科機械(天津)有限公司は、フライアッシュリサイクル人工軽量
骨材プラントや水浄化装置の製造販売に特化し、
コンクリート製品製造設備の製造販売と北京美和大微商事有限公司の事業を虎牌機械(天津)有限公司が引き継ぐ。
東京都中央区に、株式会社タイガーチヨダマテリアルを設立。環境製品や環境関連機械設備の企画・販売を開始。

写真:メッセージ

写真:会社概要

写真:沿革


写真:サービスポリシー

写真:事業内容

写真:グループ紹介